メインイメージ画像

貸事務所を選ぶ際には新耐震設計の建物を選ぶのがお薦め

イメージ画像

新たな賃貸事務所をお選びでしたら、新耐震基準を適用した建物をおすすめ致します。地震災害は将来の予測が大変難しいため、いつも最大限可能な予防策を行いたい人がほとんどです。建築基準法は数回規定の改正を行っていますが、新耐震基準と言われるのは1981年に改正されたものを指します。事務所を選ぶにはこ・フ新耐震基準に適合したものが安全でしょう。ですが、改正の直後に検収された物件の場合、古い基準法がもとになっていることがあるので事前に確認しましょう。

事務所探しで極めて大切なのはその立地と思って良いです。新事務所で事業展開をするなら、はじめに顧客を集めるのが大切になります。したがって、なるべく多くの人の視線を集め、交通のアクセスが良い場所であれば、新たなお客様を一層引き込みやすいというわけです。さらに、事務所の所在地の名前によって、その会社の与える印象も左右できます。言い換えると、ウェブ経由でお客様を集めたい場合にも有効ですね。

無理な負担にならない賃料で可能な限りベストな立地を選ぶようにしましょう。事務所を借りるなら、何と言っても築浅の事務所をおすすめします。築浅の事務所は、耐震基準やセキュリティを考慮すると最新の機材が起用されていますし、エレベータなどのファシリティも高機能で非常に快適です。作業者にとって仕事しやすいことは当然のこととして、来社した人にとっても利用しやすく良い印象をインプットすることが可能なのです。ビル全体のイメージは知らず知らずの内に企業のイメージに影響を与えてしまうためです。

賃料は高めにはあるものの、成長度の高い会社が入っていることが多く、刺激のある場所となるはずです。事務所の契約を結ぶ際、注意すべき点を考えてみませんか?最も失念しやすい点が、借りる事務所を選んだら、まず御社の概要を提示し、御社の審査をしてもらうという点です。無事信用調査をクリアできたら、本格的な契約に移るのですが、事務所の契約時には、いくらかの費用が発生します。礼金や敷金・保証金など賃料の数ヶ月分の費用ですね。また、所有者によって内装工事等の下請け業者が特定の会社に指定されていることもよくありますので事前に確認しましょう。

  • 更新情報